エッチング技法を使って革に絵を入れ作品を作っています。
革作家の日記
プロフィール

fuse(KazuhikoFUSE)

Author:fuse(KazuhikoFUSE)
1856(推定)天秤座

リンク
ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ランキング参加中
上位に行ったからって
なにもないのだけど
気が向いたら押してみてね。
一日一回有効でごいす。
まいど!見てまっせー
RSSリンクの表示
infomation

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110627]

エコとか節電とかってちゃんと効率まで考えているのかな?

エコというふれこみでどんどんTVを買い換えさせて
おまけに大型TVの方がエコポイントが高い。

大型になれば消費電力だって増えるんだから
エコという名目でポイントを増やすのっておかしくない?

以前のレジ袋だってどこまでエコなんだかわかりゃしない。

この界隈では週に一度ビニールだけを集めているけど
普通のゴミ収集場所とは違って数が少ない。
そこへ皆さん車で何袋か詰めて持ってきている。
この地域の人口からすれば、集まるビニールはほんの一握り
僕も一応集めて・・・かなりしっかり分別しているから量が多い
結局車でもって行くんだけど

ビニール分別が徹底されていないし、車でガソリン使うし
何にどれだけの効果があるというのかしら?

電話して二度聞いたよ、1回目「焼却炉の保護のため」
相当量分別されずに一般ゴミで出されているんだけど
そちらはどうなってるか更に聞いたら、「呼びかけているんですけどねぇ」
でおしまい。
2回目、「分別は再生利用出来る物は再利用するため」
「ビニールはしてるの?」・・・「今のところは・・・」
地域によっても全然違うし、意味があるのかしら?


今のストイックな節電。
節電は大切だと思うし、むやみに使う必要はない。
けど、夜は電気が余っていて
家庭で節電しても実際問題その分火力を弱めて
燃料の節約になるかというとならないらしい。

まぁ無駄な電気使って料金払うのは意味がないから
必要がない物は使わないけど。

精神論だけで闇雲に行動するのはどうなのかしら。
もちろん思いは大切だけどね。

もっときちっとしたデータを元に効率よく節電なりエコなり
本気で考える時期じゃないのかねぇ。

東京の繁華街とか未だに使い放題だよ。
無駄すぎる電気消費社会を野放しにして
一番言いやすい一般家庭のモラルに頼ったところで
どれだけの効果があるのかな。

だからといって何でもかんでも法律や条令で縛るのは
いただけないけどさ。

本当に足りないのならちゃんと考えればいい。
本当に節電するならその効率を活かせる結果を出していかなければと
思っちゃいます。

こんなこというと怒られるのかな。


話は逸れるけど、地デジ変更に伴い大量のテレビ受像器が廃棄され
消費電力の多い大型テレビを普及させ、予備チャンネル数も増え
衛星放送も各放送局でやっているけど
民放の衛星放送なんてショッピングばっかりじゃん。

地デジだって綺麗に見えるけど番組内容がお粗末。

お年寄りの家庭にも余裕のない家庭にも出費をさせただけのことは
あるんだろうかね?


愚痴っちゃった。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ押してくれると元気100倍、うれしい うれしい



hisai2.jpg

僕は原発新規建設、再稼働に反対します。
上関原発を建てさせない祝島島民の会 ホームページ


国が何も出来ないから市長のせいにしちゃうのかな
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/301504.html
また自民党が政権とったり大連率になったりするとこれが当たり前になるのかな。


2011-06-27(Mon) 23:57 未分類 | コメント(0) | 編集 |
コメント


管理者にだけ読める

Top
HOME
copyright © 2005 fuse(KazuhikoFUSE) all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,まとめ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
SHOP
作者の革製品販売

作者動画
コメント
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。