エッチング技法を使って革に絵を入れ作品を作っています。
革作家の日記
プロフィール

fuse(KazuhikoFUSE)

Author:fuse(KazuhikoFUSE)
1856(推定)天秤座

リンク
ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ランキング参加中
上位に行ったからって
なにもないのだけど
気が向いたら押してみてね。
一日一回有効でごいす。
まいど!見てまっせー
RSSリンクの表示
infomation

[20100420]

「革職人はミシンどれ使う?」って僕は職人じゃないしアーティストでもない
中間職・・・職人ほど技術が無くアーティストと言うには芸術性が皆無 ブッハ~ 

家具作家の紹介で一度お会いしたことがある革の仕事志望の人が
今までの会社勤めを辞めて革の道にはいることになり。

やめときな・・・と忠告したんですけど。
最近は革の仕事をしている人も増えたけど
技術もあり良い物を作れるからといっても
それで売れる,食えるとは全く別のものだからです。
知っている人の中でも
「え~あなたコレで、この値段で売っちゃうの??」って人が沢山売れてたり
「こんなに良い物作るのにねぇ」という人が生活するほど売れなかったりですから

今はまだ準備期間で、仕事は来年辞めるらしいです。
そこで、ミシンを買いたいけど、どんなミシンが良いのと電話をいただきました。
ミシンの専門家じゃないし、ミシン屋さんに聞いた方が早いし確かだと答えました。

彼は、ネットなどで調べてTE-2なんかどうですか?と言っていました。
僕のお薦めはメーカーや機種までは言いませんでしたが
腕ミシンの上下送りか総合送りを勧めておきました。
本音を言えば、どれでも同じ・・・腕の問題 じゃわたしゃダメじゃ!

僕も少し前にTE-2を物色していたので、
在庫している店を知っていてそこを紹介はしましたけど

けど僕が実際見てきて思ったのは、すでに生産中止になってから大夫絶つ機械なので
本体はあっても、その後欲しくなってもパーツ類を探すのが大変。
押さえ金さえ手に入らないのでは製作よりそちらで苦労しちゃいます。

あと、試し縫いをして思ったのですが裏に付く送り歯の傷跡。
これは、いろいろ技もあるし回避の術もあるのですがそれなりに大変です。
以前TEを使っていたときの苦労を思い出しました。
それが今のミシンに買い換える切っ掛けでもあったし。
そのへんは、この前電話で話したとき青春さんも話されていました。

ただし、古い車に愛情をかたむけ使いこなしていくのと同じように
愛着を持って楽しむようにミシンと付き合っていくのなら
それはそれで大賛成ですし、そういう事ができる人を尊敬しちゃいます。

また、縫い目にこだわりシンプルで革の風合いを
大事にした物を作ろうというのであればTE-2が良いと思います。。
それとて使いこなしての話です。
作品の仕上がりもままならないのに縫い目ばかりこだわったところで
先が見えちゃいますから。

あくまでもミシンが下手で上手く使いこなせない
ダメダメ中間職の個人的感想だけどね。
ちなみに僕が、すっげ~と思った人はTE-2を使ってましたっけ。

自分が、どういう風に革の仕事をしていくか
また、作風やメインになる革の種類によっても
ミシンを始め、集めなければならない道具は変わってきます。

僕なんか、折れ折れカッターだし刃研ぎ下手だしハサミよく使うし
どんな道具があるのかもよく知らないし・・・程度が知れますよね ニャハハ

それよりも、もう退職すると決まっているのなら
どこで売っていくのか、直販なのか卸なのネットなのかというところまで
決めていかなくてはならないし。
作る事より、どう商売にしていくかの方が難しいのよね。

まぁ僕のは参考にならないくらいグダグダできましたので
なにか忠告できるような立場じゃないですけど デヘヘ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ



2010-04-20(Tue) 14:34 未分類 | コメント(0) | 編集 |
コメント


管理者にだけ読める

Top
HOME
copyright © 2005 fuse(KazuhikoFUSE) all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,まとめ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
SHOP
作者の革製品販売

作者動画
コメント
アーカイブ