エッチング技法を使って革に絵を入れ作品を作っています。
革作家の日記
プロフィール

fuse(KazuhikoFUSE)

Author:fuse(KazuhikoFUSE)
1856(推定)天秤座

リンク
ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ランキング参加中
上位に行ったからって
なにもないのだけど
気が向いたら押してみてね。
一日一回有効でごいす。
まいど!見てまっせー
RSSリンクの表示
infomation

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20131117]

最近たまに厚物の縫い目が綺麗じゃない。
で、ミシンの調整ばかりやっていました。

糸調子やらタイミングやら微妙な調整で縫い上がりが左右されます。
調整の問題以外にもボビンケースの問題や釜に付いた傷や
針先のコンディション、釜周りについた糊や糸くずの汚れなど
縫い上がりに影響する事柄は色々あります。

掃除して注油してボビンケースも釜も交換し
糸をすくい上げるための剣先と針とのタイミングや隙間の調整をして

それでも厚物(5mmくらい)を縫うときたまにですが
裏に糸玉が出来てしまいます。

各部分の調節は構造が解っていればそんなに難しいものではないのですが
・・・・どうも上手くいってない様子。

それでもう一度 針先の窪みと釜の剣先を良く見ようと
(この間隔って0.04mmから0.1mmだそうです)
懐中電灯で裏から照らしてみてみると・・・・ん?
隙間が開きすぎてるじゃん。

今までも拡大メガネ付けてちゃんと見ていたのに
ちゃんと見えていなかったのかなぁ・・・・・

え〜でもこれが原因か?何度もやっているのに ここなの?
と、でもまぁ今はここが開きすぎているわけだから
懐中電灯で照らしながら調節しました。

結果
べらぼうに綺麗な縫い目・・・・・・

ってことは問題は自分の目だったってことなのね・・・とほほ (>_<)v


その辺の事が書いてあるサイトです。
http://misinkan.com/repair/repdb/dbkama1.htm
http://misinkan.com/repair/repdb/dbitot1.htm

コメント


管理者にだけ読める

Top

http://madoneko.blog26.fc2.com/tb.php/1231-28e65297
HOME
copyright © 2005 fuse(KazuhikoFUSE) all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,まとめ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SHOP
作者の革製品販売

作者動画
コメント
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。