エッチング技法を使って革に絵を入れ作品を作っています。
革作家の日記
プロフィール

fuse(KazuhikoFUSE)

Author:fuse(KazuhikoFUSE)
1856(推定)天秤座

リンク
ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ランキング参加中
上位に行ったからって
なにもないのだけど
気が向いたら押してみてね。
一日一回有効でごいす。
まいど!見てまっせー
RSSリンクの表示
infomation

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20121220]

いつものように過ごしています。
食事をし仕事をしその他普段と変わらずに。

思い出を上げれば切りがないし今はそれも辛いです。
書いて良いものか迷いました。
開いた穴の大きさはわかりませんが
その穴をふさぐ物がない事に狼狽えます。
ほんの三日前までヨロヨロしながらも食卓の食べ物を
盗み食いしていたというのに。
こら!と怒りながらも まだそんなことをするジェスが嬉しかった。
最後の二日間は壮絶な戦いでした。
その場にいない方が良かったと思えるくらいに。
ジェスもがんばり僕も精一杯つきあえたと思います。
でもその戦いを共に過ごした事で
今の悲しみを乗り越える事が出来るだろうという確信もあります。
ジェスとの別れでわかった事があります。
可愛がっていた動物はいつの間にか自分の心の一部に
なってしまうということ

コメントをいただいた方々
コメントをいただかなくても
心を寄せてくださった方々にお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

明日からもまたバタバタ足音を立てながら
いつもと変わらず歩いていきます。

コメント

□  from ful-ful

心よりお悔やみ申し上げます。

命あるもの、別れは必ずやってきますが、
しばらくさびしいですね。
fuseさんの元気が早く戻りますように…。

我が家は、相方さんはその後元気にやってますが、
今年は私が次々と病が発覚 (>_<)
こんなときもあるさ、となんとかやってます(*^_^*)

2012-12-21(Fri) 17:20 | URL | #p5viccLg [ 編集 ]


□ 管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-12-22(Sat) 09:18 | | # [ 編集 ]


□  from kazumi

コメントを書いたことはないのですが、いつもBlogを拝見してました*
特にジェスちゃんが写真で出ていると今日も元気で良かった!と思ってました。

わたしも今年の春に15年連れ添った子を介護して看取ったのですが、
フセさんの文章を読んで胸がとても苦しくなりました。
わたしも革制作をしていて、作業机の傍らに小さな布団敷いて、
いつもそこにうちの子はいました。
いつかは先に旅立ってしまうと覚悟していても、突然やってきたその時はとてつもなく辛いですよね。
フセさんのおっしゃるように、可愛がっていた動物は心の一部になってると
わたしも思います。
精一杯向き合えたから、いつか心が穏やかになると思います。

わたしは、まだBlogにもこのことを書けていないのでまだまだ時間はかかりそうですが
時間とは不思議なもので、辛かったことが徐々に薄れて行きます。
だからと言って愛情が薄れて行く訳ではなく、いつも想ってます。
どうぞあまりご無理をなさらないでくださいね。

フセさんがBlogで記載している金型職人の方に型を作って頂いたりと
いつも沢山のことをフセさんのBlogで学ばせていただいてます。
これからも素敵な作品を楽しみにしています*

2012-12-22(Sat) 13:49 | URL | #uJTYSzr2 [ 編集 ]


□  from fuse

ful-fulさん
ありがとうございます。

いろいろ出てきちゃう時期ってあるんですね。
僕も数年前は鬱病、心臓と続けて出て散々でした。
お大事にしてくださいね。

カギコメさん
いつもコメントありがとうございます。

そちらは随分大変でしたね。
どのようなお声を掛けて良いのかわからないくらいです。
でも、確かにそうですね。
別れは必ず来る事
そのことの悲しみの前に出会えた事に
感謝しなければいけませんね。
ありがとうございます。

kazumiさん
覚悟していてもだめですね。
ほんとだめでした。
どこを向いても そこにいたジェスの事を思い出します。
いまそこにいない事が不思議なくらい当たり前にいましたから。
そうそう時間しか解決する手段はないのでしょう。
薄ーい薄ーいベールを毎日少しずつ被せてくれるのでしょう。
いつかベールの向こうにある
良い思い出となってくれるんだと思います。

僕のブログ 革に関しては怪しいところも
ありますのでよく確かめながら見てください(^^;)
あ、あの抜き型屋さんは大丈夫ですけど

これからもよろしく。

2012-12-22(Sat) 17:14 | URL | #T3PHKgjQ [ 編集 ]


□ 泣けます from かれいだにのよし

  家族を亡くすのと同じです。
お悔みいたします。
ご納得される看病をなさり何よりです
ジェス君のご冥福をお祈りします。

我が家のワン子もこの15日亡くなりよけいにお気持ちよくわかります。

2012-12-25(Tue) 19:43 | URL | #- [ 編集 ]


□  from fuse

かれいだにのよしさん
ありがとうございます。

同じ時期に亡くされたんですね。
寂しいですよね。
いまでもそこ居るような気がします。

2012-12-28(Fri) 11:20 | URL | #- [ 編集 ]



管理者にだけ読める

Top

http://madoneko.blog26.fc2.com/tb.php/1152-869fba25
HOME
copyright © 2005 fuse(KazuhikoFUSE) all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,まとめ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
SHOP
作者の革製品販売

作者動画
コメント
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。