エッチング技法を使って革に絵を入れ作品を作っています。
革作家の日記
プロフィール

fuse(KazuhikoFUSE)

Author:fuse(KazuhikoFUSE)
1856(推定)天秤座

リンク
ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ランキング参加中
上位に行ったからって
なにもないのだけど
気が向いたら押してみてね。
一日一回有効でごいす。
まいど!見てまっせー
RSSリンクの表示
infomation

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20120218]

2012.11.15追記
検索でここへ来た方のために

この糊引きローラーはやはり容器に問題があるように思います。
使い方によっては便利ですが
頻繁に使う方でないとメンテの方が大変です。
原則一回の補充分使い切りすることが重要で
数日放置するとゴムのりの粘度が増し使いづらくなります。
また初めに書いた容器の問題とは付属容器はゴムのり溶剤によって
膨張しヘッドの取り外しが出来なくなります。
複数容器を準備し暫く置いてからなら再度使える場合もあります。
販売店への質問では容器はあくまでも
使い捨て消耗品と考えて欲しいとの事でした。




以前から気になっていた糊引きローラー「大戸糸店」で買いました。
12-02-17-1.jpg

仮止めに使うために3mmを選択。
この上に何種類か太いのが出ているけど
今は在庫切れなのか掲載されていないのでサイズが解りません。

ゴムノリを少量入れ試しにぬってみました。
種類はスリーダインです。
今後は、ストロング №50 淡口を使う予定です。
12-02-17-2.jpg
良い感じに塗れますね。
が、しかし ローラーは3mm幅ですが塗布された幅は4mmでした。
できれば2mm、広くても形状幅の3mmが僕の希望です。

今後、2mm幅の販売予定があるかなど幾つかの質問を販売店にメールしたのですが
返事が返ってきません・・・クレームかと思われたかな?

近々2mm幅に加工してみようと思います。

この器具、大きな問題点があります。
蓋が付属していないません・・・これも質問メールの中に入っています。

ゴムノリを全て使い切る事は滅多にないのでゴムノリの凝固が心配。
案の定10分もすると固まり、玉になって塗りづらくなります。

こういうとき良い勘が働くんですよね、ワタシャ!!(^_-)v
一発でドンぴしゃ!
12-02-17-3.jpg
椅子の脚に付ける28mm幅のキャップです。
12-02-17-5.jpg
まったく隙間もなく空気漏れの心配はありません。
しかし出来れば下まで被せたいので二個をつなげてみました。
12-02-17-4.jpg
ビニルテープでつなげ糸を捲くことで一層密着しました。
このキャップの効果は絶大!
一晩置いても固まることはなく直ぐ使うことが出来ました。
数日放置の場合は未確認です。

材質がゴムではなくエラストマー樹脂なのでゴムノリの溶剤に反応して
溶けることもありません。

このキャップ、24mm幅もあります。
12-02-17-7.jpg

これが下の容器にぴったりでした。
12-02-17-8.jpg
容器だけ買ってゴムノリの種類を変えることも出来そう。
ヘッド部分の掃除中とかあると便利だと思います。

ゴムノリが少量の場合逆さに置いておきたいのですが
あふれ出てきたので
NGです。

この場合は量にもよりますが横置きが良いでしょう。
12-02-17-6.jpg


この道具の使用感ですが。
12-02-17-9.jpg

蓋は必需です。

パスケースなど小物の仮止め用に2mm幅くらい細く塗るのは、
初めに書いたように無理ですが
ヘリ返し、手紐作りにはかなり有効な気がします。


定規などを使って引く場合は
テーパーの付いた定規を裏返しに使えば
定規下に滲むことや定規に付着することも少なく出来ました。

使用方法や使用頻度によってはヘラなどで塗った方が早い場合もあるでしょう。
当然ですがゴムノリをあまり使わない人には
ノリの凝固やヘッドの掃除などで手間が増えるだけです。

幅広の物を使った場合、ゴムノリのはみ出しが多く出ないか心配ですが
いずれ手紐用に6~10mm程度の物を買おうと思っています。

もうひとつ注意点がありました。
ヘッドの部分を取り外しまた付ける場合
容器の材質が柔らかいので破損する可能性が高いです。
12-02-17-10.jpg

次回、糊引きローラー使用 vol.2で
ローラーを2mmに加工して報告します。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ押してくれると元気100倍、うれしい うれしい



2012-02-18(Sat) 09:42 未分類 | コメント(10) | 編集 |
コメント

□  from れん

便利(そう)な道具があるんですねぇ。
初めて知りました!
容器も蓋も(笑)
こと蓋のピッタリ感には脱帽ですo(>▽<)o
この手のヒラメキって楽しいですね。


2012-02-18(Sat) 13:27 | URL | #- [ 編集 ]


□  from fuse

れんさん
使いようによっては結構便利かもしれません。
売っていたのは大戸糸店です。
昨日みたら販売していなかったんだけど在庫切れかな?

そそ、道具よりひらめきの方が楽しかったりして(笑

2012-02-18(Sat) 14:59 | URL | #T3PHKgjQ [ 編集 ]


□  from suga

こんにちは。
いろんなモノがあるんですね~世の中には。
こういった用具や工具を自分なりにちょこっとアレンジしたりするのがクラフトの楽しさのひとつですよね!
なんだか読んでて楽しかったです。

2012-02-19(Sun) 03:12 | URL | #- [ 編集 ]


□  from fuse

sugaさん
こんにちは
ほんとにいろんな物がありますね。

そうそう道具のアレンジは楽しい!
良い感じになるとつい自慢したくなります。
本業忘れて道具のアレンジに没頭してしまうことも
あったりして(笑

2012-02-19(Sun) 10:43 | URL | #T3PHKgjQ [ 編集 ]


□  from sakuya

時々見せていただいていたのですが今月からFC2ブログに越して来たのでコメント書かせてくださいね。
イスのゴムキャップはアイデアですね^^
発想が豊かで凄いです(^▽^)
私のブログに訪問していただいたようで有難うございます。
消しゴムはんこの他に皮でブックカバーやキーホルダーなど小物専門につたない知識で作っています。
これからも遊びにきたいのでリンクに追加させていただきました。
どうぞ宜しくお願いいたします♪♫♬(⌒。⌒)

2012-02-19(Sun) 14:20 | URL | #t50BOgd. [ 編集 ]


□  from fuse

sakuyaさん
前に伺ったときは初めの記事だけだったかしら。
椅子のゴムキャップは嬉しかったですー

リンクありがとうございます。
ぼくも伺いますね。
作品のアップが楽しみです。

2012-02-19(Sun) 17:07 | URL | #T3PHKgjQ [ 編集 ]


□  from ふぇにっくす

こんにちは、ふぇにっくすです。

あぁ、椅子のキャップか、、いいですな、これ。
いつもビニール袋で留めていました。

普段私は10mm幅、ストロング淡口で使っています。
土台の容器は簡単に破損しますね^^;

2012-02-26(Sun) 20:49 | URL | #- [ 編集 ]


□  from fuse

ふぇにっくすさん
どもども!
そうなんです、これがジャストサイズでした。
ネジのピッチは規格だと思うので容器の方も探してます。
もっと容量の少ない物の方が良いんですけど。
2mm幅の物が欲しいんだけど、きっと無いんでしょうね。

2012-02-27(Mon) 00:58 | URL | #T3PHKgjQ [ 編集 ]


□ 勉強になります from ナイブズ

私も大戸糸店でこれを見かけました!
イイものがあるなと思ってたんですが
3mm幅で4㎜ですか。参考にして購入考えてみます
有難うございました

2012-03-16(Fri) 11:29 | URL | #- [ 編集 ]


□  from fuse

ナイブズさん
使いようによっては便利です。
2mmくらいに塗れると良いですよね。

問題は容器ですが使っているとふやけて膨張するらしく
3日くらい乾燥しないとヘッドがはまりません。
予備容器を使って対応しています。

2012-03-16(Fri) 12:02 | URL | #T3PHKgjQ [ 編集 ]



管理者にだけ読める

Top
HOME
copyright © 2005 fuse(KazuhikoFUSE) all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,まとめ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
SHOP
作者の革製品販売

作者動画
コメント
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。