エッチング技法を使って革に絵を入れ作品を作っています。
革作家の日記
プロフィール

fuse(KazuhikoFUSE)

Author:fuse(KazuhikoFUSE)
1856(推定)天秤座

リンク
ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ランキング参加中
上位に行ったからって
なにもないのだけど
気が向いたら押してみてね。
一日一回有効でごいす。
まいど!見てまっせー
RSSリンクの表示
infomation

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20050930]

9.30bag.jpg
クリックで拡大
今日はまず仕事部屋を片づけなくては
ミシン周りの糸くず、作業台下の両面テープのはがした紙
革の裁断くず、裏地の裁断くず、出しっぱの革、芯地、工具類。

写真のバッグは口のところがマグネットになっている。
柔らかめのモスグリーンの革に窓ねこの柄を
上から縫いつけてあります。
絵の部分は中にキルト芯を入れているので
盛り上がっています。

普段は一枚革で全て染めて作る事が多いのですが
注文主のお店ではこの作りの方が好みで
立体感があって良いそうです。

スポンサーサイト

[20050929]

050929.jpg
クリックで拡大
作業台の上は、やりかけモノでいっぱい。
左側に置いてあるモスグリーンのバッグを仕立てる。
その前に真ん中の荒立ちした革を地染めして
乾燥に移しておかないと、次の仕事のために。

今日の仕事は、小さめバッグ、ペンケース、サイフの仕立て
大きめのバッグの荒立ち地染めです。
筆者ホームページリンク

[20050928]

うちは猫は飼っていないけど
よそ猫が出入りしています。
飼いたいのだけど先住者の駄犬ジェスが
なかなか許してくれないんです(>_<)
立ち寄り猫には威嚇したりしないのですが
飼おうとすると敏感に察知するのか
怒り出すんだよね・・・・ふぅ。

さっき、外のプレハブ作業場に行ったら
はす向かいの家のソランちゃんが中で休んでいました。
驚かさないようにそっと入って革の地染めをしていましたが
しばらくして「うるさいなぁ・・」という顔して
ぐにゅ~っと伸びしてから出て行ってしまいました。

使わなくなった革の置き場が気に入っているようで
夜でも開けっ放しの作業場に入って休んでいるようです。
そのほかに、3匹のよそ猫が作業場を
立ち寄り所にしているようで
こちらが気兼ねしながら作業させてもらっています。

猫って不思議な魅力があるんだよねぇ。
そこへ行くとジェスは
単純で解りやすい態度だけで頑張っています。

よそ猫ちゃんのおやつも用意してあるのですが
実家であまり食べなくなると悪いので
たまにあげるだけです。

来てくれると絵のモチーフにもなるので
大歓迎なのであります。

[20050928]

bin-neko.jpg
クリックで拡大
[花瓶ねこ]
窓ねこの小さい頃です。
好奇心はあるけど人見知りな瓶ねこは
いつも花瓶の後ろに隠れていました。

星を作る車に乗って猫の町まで来たばかり。
途中で拾った月を一緒にさしたから
花瓶の中の葉っぱまで光りだしちゃった・・・

筆者ホームページリンク

[20050928]

maruchi.jpg
クリックで拡大
だいぶ涼しくなってきました。
山梨の空は雲で覆われていて小雨が降っています。

昨日は三方がファスナーのサイフと
ブックカバーを作りました。
相変わらず猫のお店からの注文なので
猫の絵ばかり作っています。

昨夜、今日製作するためのバッグの革を
地染めしておきましたので今から製作にかかります。
久しぶりに猫以外のバッグです。

筆者ホームページリンク

[20050927]

クリックで拡大
madoneko.jpg
[窓ねこ]
窓ねこは腹が空いていました。
あの腹ぺこ鯨が一日中魚たちを追い回すのもだから
とうとう魚たちは空へ逃げたのでした。
そのおかげで魚を捕まえる事が出来なくなったのです。
「僕も飛べると良いのだけど」窓ねこは考えていました。


絵の付いている作品が多いのだけれど
その絵は、すべて物語でつながっています。
「星を作る」から始まって「ぐるぐる時計」「誕生の森」
「ワニのハンター」「空飛ぶクジラ」・・・
窓ねこは、その中のねこシリーズのひとこまです。
絵は今使っている物だけで30枚
物語は完結することなく少しずつ増えていきます。


[20050926]

siagari.jpg
クリックで拡大
ふ~。
ブックカバーとサイフ作りました。
まだ前のように、ポンポン仕上がるまでにはいかないな。

文庫本サイズのブックカバーはかなり人気です。
カバーをして読めば、表紙やタイトルカバーを傷めません。
本を、大事にとっておくにも、古本屋に売るにも
きれいなままが良いですよね。
book.jpg
サイフは、小銭入れとカード入れが付いていて
札を入れる部分にしきりがあって、二つに分かれています。
シンプルなものだけどポシェットやポーチ、
小さめのバッグに入れるには最適。
ジーパンのポケットやジャケットの内ポケットにも入ります。
9.26saihu.jpg
明日納品に行かなくっちゃ・・・・もう少し作らないと (T_T 

[20050926]

05.09.26.jpg
クリックで拡大
銅版をハンドプレス機で押して、輪郭を
ぼかし染めで強調。
そして本体の染めに入ったところです。
赤の染料に紺、黒、焦茶を混ぜて深みを出し
染色、乾燥を3~4回繰り返して濃くしていきます。
この後は、絵の部分を面相筆で丁寧に色差しします。

後で、仕上がった物の写真をアップします。
って、仕上がるかなぁ・・・ガンバ!
shigotobeya.jpg
今朝の仕事部屋

[20050925]

050925.jpg
画像クリックで拡大
昨夜、地染めをしておいた革が乾燥終了。
札入れとブックカバーを作る。

秋の雲だなぁ。
西の窓から見えるアルプス連峰も
くっきり見えるようになった。

いつもスタートが鈍いから
気合いを入れなくっちゃ。

[20050925]

今日は湿度が高めだったせいか
染色後の革が、なかなか乾きませんでした。

湿度が高いと良いこともあって
色に深みが出て良い仕上がりになります。
乾燥しすぎの冬場などは染料の、
しみ込みが早くなりムラがでます。

さてさて、販売店からの注文がたまってきちゃった。
効率よく作りたいけど、急ぐと良い物が出来ません。
気が乗らないときも仕上がりに違いが出るので
そういうときには、なるべく作りません。
・・・作れないか
・・・・・いや、さぼりか?
どちらにしても、気分や体調で仕上がりって
変わってきちゃうんです。

[20050923]

作業台05.09.23
クリックで拡大
今の作業台です。
今日は、クロームなめしの色革を使って小降りのバックと
手染めのペンケース制作です。
どちらも猫雑貨のお店「ル・シャ・デ・ボワ」からの注文品。

この革は、シュリンクという牛革で
なめすときにシボ(しわしわのような物)をつけて
柔らかい腰のない革です。
ペンケースはクラフト用のタンニンなめしの
革を使い、仕立てる前に手もみにして柔らかくします。

最近、ル・シャ・デ・ボワの物ばかり作っているから
猫シリーズばかり仕立ててるなぁ。

[20050922]

初めまして。

革で色々作っているfuseです。
しばらく停滞気味だったけど
いよいよ活動開始。

再起動!

エッチングの技法を使って革に絵を入れて
色々作っています。
作業日誌を中心に物作りな事を書いていきます。

このブログは、母屋のHPからリンクされています。
母屋の方もよろしく。
あーでもまだ、そちらもリニューアル中で完全ではありませんけど
ボチボチ、やっていきます。
http://k18.or.tv

HOME
copyright © 2005 fuse(KazuhikoFUSE) all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,まとめ
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
SHOP
作者の革製品販売

作者動画
コメント
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。